Welcome to my blog

よくある春の食卓と特別な春の酒肴

awanohibi

awanohibi

-
B16D3A28-D6F8-4D43-9F98-DBFB033E16B5_1_201_a_convert_20200325201151.jpeg
近くのスーパーマーケットで留萌産の立派なニシンを見つけました。ニシンは「春告魚」とも書くくらいで、北海道の春の味です。いちばん大きいのを買ったら、うちの魚焼きグリルに入りきりませんでしたので、頭を落としてから焼くことになりました。少し多めに塩を振ったほうが、ニシン「らしい」味になります。
それと、羽幌産の甘エビも見つけたので、これも買いました。甘エビは正式にはホッコクアマエビといいます。3月に漁が解禁になったばかりで今は「はしり」です。売られているときは、もちろん頭も殻も付いていました。こちらはお刺身でいただきます。
FCC1BDCC-E126-42A9-8BD8-5A8B3E3E2FC6_1_201_a_convert_20200325201000.jpeg
こちらが夕食の食卓全景ですね。春の北海道日本海の海のめぐみが食卓を飾りました。といっても、見た目は派手さはありませんが‥‥ニシンの大きさというか、甘エビの小ささというかが、これでわかりますね。左上にはインゲンと油揚げの炒め物が添えられています。ちなみにニシンはオスですので、お腹の中はカズノコではなくシラコです。シラコは、その後、酒の肴となります。
DE518854-0844-4C64-9C08-DD4C0A24B275_1_201_a_convert_20200325201337.jpeg
すでに魚と一緒に焼かれていて火は入っていますが、これを取り出してアルミホイルに二重に包んで、さらにトースターで5分か6分焼きます。ホイルを開いて、七味唐辛子をかけて完成です。
9368F572-EFA2-4A8C-9966-92BC49E11B20_1_201_a_convert_20200325201424.jpeg
美味しそうでしょう、といっても同意できないかたもいるでしょうけれど、珍味とはそういうものかもしれません。酒がすすみます。

ご訪問いただき ありがとうございました。
よろしければ こちらもお願いいたします。
  ↓

最終更新日2020-03-31
Posted by awanohibi