Welcome to my blog

男山 純米吟醸生原酒 立春朝搾り

awanohibi

awanohibi

-
友人の奥様からいただいた「男山 立春朝搾り」、、
2月4日の立春、、暦の上では春の第一日に搾った生原酒です。
3月21日は春分、、昼夜の時間が等分されるとか、彼岸の中日とか、暦の上では意味のある絶妙なタイミングに「彼岸」ではなく「天」に昇っていきました。ちなみに昇天本人は、まったくアルコールを受けつけない体質だったので、宴席ではいつも烏龍茶で泥酔していた便利な人生(本人としては別の意味で苦労していたのでしょうけど)。
86C02371-70EC-4720-8EB1-4CC6DA722098_1_201_a_convert_20220627112421.jpeg
昇天100日というのは、たぶん宗教的に特別な意味のある時間ではないとは思うものの、このきっかけを逃すとさらにタイミングが来ないような気もするし、なにしろ「生原酒」でもあるので、ついに冷蔵庫から取り出し開栓しました。
いろいろ仕掛けのある企画酒、限定酒ですが、爽やかで、スッキリした、癖のない、バランスのいい1本です。昇天本人とはまったく別世界の好感度、好印象の風味です、、、(どうだ!反論できまい!!)
C2A8C028-B32B-4ABE-9EBB-721A4F76724B_1_201_a_convert_20220627112502.jpeg
同梱されていたパンフレットを見ると、「縁起のいい立春の朝に旭川の永山神社の宮司が蔵でお祓いをし、開運・厄除・商売繁盛・無病息災・家内安全」のありがたい霊験があるとのことです。このうち半分には基本的に興味ありませんが、最近の自分の身の上の小事件などにかんがみ、ここはありがたく受けとめておくことにします。
合掌、、、ではなかった。
アーメン

男山株式会社(北海道旭川市)
使用米    吟風 
精米歩合   55%
アルコール分 17〜18度

ご訪問いただき ありがとうございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
にほんブログ村 
最終更新日2022-06-27
Posted by awanohibi