Welcome to my blog

電話をめぐるアレコレ

awanohibi

awanohibi

-
予約してたいつもの理髪店に行ってきました。予約の時間より少しだけ早めに到着したので、待合室のイスに座ったら、目の前にこれがありました。
最近では見なくなった「黒電話」。この店では現役バリバリです。1時間に2回くらいは、けたたましい「呼出音」が鳴り響きます。
昔の電話(イエデンとか固定電話などという言葉もそのころは存在しなかった)は、ほぼこのタイプの黒電話だったのが、1985年の電電公社民営化で公社以外の家電メーカーも電話機の販売ができるようになったことで、世の中から姿を消していきました(‥はずです。)
わが家に電話がついたのは1970年以降のはずで、それまではご近所の家の電話を借りていたような気がします。そもそも、電話をかけたり、かかってきたりというのは「緊急事態」に属していたような。。。
それから、うちの電話は「黒」ではなくて「緑色」で、呼出音(着メロではない)の「音量調節」ができたような記憶があります。それから電話エプロン!カバー?みたいなのを着ていたことも思い出しました。

‥‥頭髪を夏仕様で大胆に減らしてもらい家に帰ってきたら、KDDIのネットワークが全国的に不通だといいいます。あの頃の電話は銅線だったので物理的に切れなければ通じる。アナログというよりは「リアル」だったけど、今の通信ネットワークは光ファイバーの中を光が通るのが基本だとのことだけど、よくわかりません。
ワタシはAU=KDDIユーザーで3年前からuqに変更しています。携帯電話の通信が不能になると、世の中にとっては大変なことですが、ワタシの生活への影響は極小です。パソコンはwifiで無事に通信できるし、携帯電話に至っては、電話として発信したのは6月13日、着信したのは5月21日が最後です。
もしかしたらワタシはもう世界に存在していないのか??

ご訪問いただき ありがとうございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
にほんブログ村 
最終更新日2022-07-03
Posted by awanohibi